スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

社名変更のお知らせ

  いつも弊社のブログをご覧いただき有難うございます。 「ブログ見たよ」とお声掛けいただく時がありますが、 非常に嬉しく感謝しております。 この度、刻々と変化する時代に対応し より一層、不動産オーナー様に寄り添った 不動産業者としての事業展開、 サービス拡大に伴い 組織変更および改称することとなりました。 現在の「有限会社 丸浜不動産」を 「株式会社 丸浜不動産コンサルティング」 と改め新たなスタートを踏み出します。 不動産のコンサルティングで 地主様、オーナー様の 不動産や資産運用のお悩みを解決いたします。 また、不動産に関する事を 気軽に聞けて相談できる存在になれるよう 親子3代 より一層皆様のお役に立てるように 努力する所存でございますので 何卒引き続きご支援のほど 宜しくお願い致します。 地主・家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 株式会社 丸浜不動産コンサルティング 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 公認不動産コンサルティングマスター 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) facebook       https://www.facebook.com/maruhama.f Twitter    @maruhama2103 LINE ID    @938shkry
最近の投稿

色で部屋を演出する

  空室対策の手段として 間取の大幅な変更や 設備を新品に交換するなど リフォームやリノベーションが 有効な手段として注目されています。   しかし・・・ リフォーム、リノベーションには それなりの費用が掛かります。 投資した費用と それによって得られる収入から 投資効率や効果を計算する訳ですが、   家賃の増額を望めない物件 そもそも賃料設定が低い地域 工事費が高くなるファミリー物件など   希望の投資効果を得られなく リフォーム・リノベーションを 実行する決断ができない場合があります。   そんな時こそ、 予算を抑えることができて しかも効果の見込める 「色」による部屋づくりが お勧めです。 色には、お客さまの心を 一瞬でつかんでしまう パワーが あると言われています。   そんな「色」の効果を お部屋の内装に活かしましょう。   最近の賃貸住宅では 「アクセントカラー」といって 壁の一面の色を変えて おしゃれで印象的な部屋を 演出している物件が多いです。 これを実践するには、 注意点があります。   色には法則や心理的な効果があって   ただ、色を変えればいい という訳ではありません。   まして、 ご自分の好きな色だから という理由で 選ぶのは危険です。   そう言いながら 以前の自分は リフォーム業者より提案された サンプルを何枚か持って 家主様と一緒に選んでいました。   ところが、 色のことを学んでいくうちに この決め方は間違いだと分かりました。   色には専門家がいます。   その専門家による アドバイスに従った 正しい色使いが重要となります。 何気ない色の配置に見えても それには、理由があって しっかりと考慮された配置になっています。   その部屋を利用する 入居者層 生活スタイル 物件のコンセプトなども 色を決めるときの判断材料になります。   例えば、 赤・オレンジ・黄色などの暖色系と 紺・青・緑などの寒色系の色を比べた場合 暖色系の部屋は実際より狭く感じ 寒色系の部屋は広く感じる効果があります。   だからとい

不動産の心理的瑕疵の議論が始まる

  不動産を買ったり、借りたりするとき いわゆる「事故物件」ではないか? 気になりますよね。 事故物件は、 「心理的瑕疵」がある物件と言われます。 募集広告の備考欄に「告知事項あり」 と書かれているので、 すぐに気付く方もいます。 この、告知事項については 事故発生から何年間 告知する必要があるのか? 明確な取り決めがありません。 でも、必ず伝えないといけない 重要な事項です。 不動産のオーナー様におかれましては 非常に関心のある事柄だと思います。 国土交通省では この取り決めを行なう 議論が始まっています。 正直、いろいろなケースがあり どれも特殊個別的な事情ですので とても難しいですが、 一定のガイドラインや 基準は決めておく必要が あると思います。 決まったら またお知らせします。 地主・家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 公認不動産コンサルティングマスター 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) facebook       https://www.facebook.com/maruhama.f Twitter    @maruhama2103 LINE ID    @938shkry

空室対策100選の中身は・・・

  アパート、マンションの空室で お困りの家主様へ・・・ 大手賃貸管理会社が発行した 空室対策の案を100個まとめた本 気になりませんか? この本 当社にありますので、 本を眺めながら 一緒に空室対策を考えませんか? 対策案がリストアップされているので ご自身の物件に 採用できるもの、できないものを 判断するのに役に立ちます。 出来そうなものをいくつか選び その中から吟味して 実践することができます。 気になった方はぜひ 丸浜不動産へ連絡ください! 地主・家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 公認不動産コンサルティングマスター 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) facebook       https://www.facebook.com/maruhama.f Twitter    @maruhama2103 LINE ID    @938shkry

家を内見するとき、いちばん気にする場所はどこ?

  不動産情報サービスを提供している アットホームさんより 入居募集に関する「気になるランキング」が 発表されていましたのでお知らせします。 アパート・マンションを探している方が 実際に建物、室内を内見するとき どこを気にして見ているのか? こんな質問のアンケート結果です。                                   《アットホーム資料より》 水回りが上位にくると思っていましたが お風呂、キッチン、トイレ こんなに差が無いとは思いませんでした。 正直、キッチンがダントツ上位なのでは・・・ といった感覚でしたが お風呂、トイレも同じく重要ということです。 一人暮らしの部屋を探すテレビ番組で 室内を内見するときに必ず 浴槽に入ってサイズを確かめたり トイレに座って空間を確かめる 場面を思い出しました。 と、いうことは・・・ 空室は キッチンまわりだけでなく 浴槽内もキレイに拭いておく ことが大切ですね。 ハウスクリーニング済みでしたら トイレはそれほど ホコリが溜まる事はないですが、 浴槽内はホコリが溜まりやすいですから 日頃の点検、簡易清掃が重要になります。 地主・家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 公認不動産コンサルティングマスター 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) facebook       https://www.facebook.com/maruhama.f Twitter    @maruhama2103 LINE ID    @938shkry

開業できない場所に要注意

  店舗や事務所を開業するとき 広さ(面積)や家賃と同時に 「どの場所」で開業するのか? ある程度の基準を決めてから 物件を探されると思います。 この時、ご自身の希望する場所・地域は 開業(営業)できる場所なのか? 事前に確認をしておくことが大切です。 業種によっては、特殊な許可や免許 保健所などへの手続きがあったり、 建物の基準があったりします。 その前に・・・ そもそも、その場所で 希望する業種の営業か可能なのか? その場所の「用途地域」を 確認することが大切です。 市街化区域の中には 13種類の「用途地域」があって 利用する「用途」によって制限があります。 それぞれの用途地域ごとに 建築できる建物の 用途、規模、高さ等が制限されています。 住宅がメインの地域 商業施設がメインの地域 工場がメインの地域 このような感じで分けられています。 特に注意したいのが、 店舗や事務所。 住宅街のマンションの1室を借りて 店舗や事務所を行なう場合などは要注意! 事前の調査不足が原因で トラブルになることがあります。 事前に調査してから 候補地を選ぶようにしましょう。 ちなみに、 当社の周辺(浜松市中区佐鳴台)は 下の図のように「色分け」されています。 ピンクの部分が商業系 緑色の部分は住居専用になります。 緑部分の中では 「事務所」は開業できません! ***まとめ*** 事業用の店舗・事務所は 開業(営業)できる地域と できない地域があります。 候補地選びの際は 「用途地域」を確認しましょう。 地主・家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 公認不動産コンサルティングマスター 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) faceboo

6月の不動産個別無料相談会

  3組様限定、予約制の 不動産の無料相談会を開催します 個別形式で1組様50分間 不動産に関するお悩み事があるかたは この機会に是非ご利用ください。 【日時】 2021 年6月27日(日) 【場所】 ㈲丸浜不動産事務所 浜松市中区佐鳴台 3-35-7 【時間】 1 組様 50 分(限定3組) ①       9 時~ 9 時 50 分 ②       10 時 10 分~ 11 時 ③       11 時 20 分~ 12 時 10 分 【対象の方】 静岡県浜松市中区佐鳴台から半径約2km以内に不動産をお持ちの方 ご希望の時間帯をお選びいただきご予約ください。 ご予約は、メール、電話どちらでも大丈夫です。 組数、時間を限定しておりますので、 ご希望に沿えない場合もございます。 どうそご理解の程よろしくお願いします。 当日は当社事務所へお越しいただき、 不動産に関するお困りごとや心配事をご相談ください。 ご予約はお電話またはメールにてお願いします。 当社ウェブサイトのリンクを貼っておきますね 不動産個別無料相談会の詳細をみる ご来店が難しい方は ZOOMを利用したオンライン面談を ご利用ください。 =おわり= 地主と家主様の相談窓口として 不動産セカンドオピニオンサービスを行っています。 概要は 当社ウェブサイト内 「不動産セカンドオピニオン窓口」 よりご確認ください。 賃貸住宅経営のあれこれは 「賃貸不動産経営コラム」 をご覧ください 得意エリアは佐鳴台2km圏内 CPM®の視点で 不動産コンサルティング 静岡県知事(5)第11221号 不動産コンサルティング・管理・仲介 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ CPM®(米国公認不動産経営管理士) 高山幸也(タカヤマ ユキヤ) Twitter  @maruhama2103 LINE ID  @938shkry