2018年7月5日木曜日

ブロック塀は大丈夫ですか?

みなさん、こんにちは。

丸浜不動産の高山です。


先日、賃貸住宅の家主様より

「ウチの借家にあるブロック塀は大丈夫なのか心配」というご相談がありました。

現地へ行って確認したたこと、

このお宅のブロック塀は、建築基準法の規定内でしたので大丈夫と思われます。


しかし・・・

内部の鉄筋の様子は目視ではわかりません。

亀裂・破損箇所なども含め、専門家に確認してもらった方が良さそうです。


ブロック塀の基準はこちら


下の図は、建築基準法で定められている、ブロック塀の基準。

借家やアパートなどに、ブロック塀があるようでしたら、ご確認をお勧めします。

2018/06/28 静岡新聞


危険と思ったら撤去もご検討を・・・


だいぶ前の話になりますが、

はっきりと分かる程度に傾いてしまったブロック塀があって、

すぐに業者を手配して、ブロック塀を撤去。その後フェンスを設置した事があります。

ご心配な方は、建築基準法の規定に合ったブロック塀かどうか?

確認してみてください。


浜松市内の不動産のご相談は当社へ

売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
静岡県知事(5)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。



収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...