2018年2月12日月曜日

賃貸住宅入居促進支援研修会

「障害を理由とする差別の解消に向けて」という題目で、
条件が整えば退院が可能な社会的入院者の自立を支援していく仕組み作りの研修会。

最初に、県職員の方より、法律や条例の制定の経緯説明。
行政が行っている「ヘルプマーク」の導入や、家主さんの不安を解消する為の事業の紹介。
その後、精神保健福祉士さんによる、精神障害者を取り巻く状況と理解を深めるための講義と住宅確保の現状と課題の報告。
最後に、アパートを借りるまでの実例紹介という流れでした。

静岡県内では既に志太榛原地区が、行政・自立支援協議会・医療機関・宅建協会などが連携して、住宅斡旋の仕組みを作り、実施されていますので、浜松でも近いうちに協議されることと思います。
色々な立場の人が意見を出し合って、皆で協力し、助け合いながら進めていくことが大切ですので、当社でも積極的に取り組んでいきます。
この、障害のある方への心づかい推進事業、家主さんもご理解とご協力をお願いします。


浜松市内の賃貸物件管理の相談は当社まで

売買・賃貸・管理・コンサルティング
静岡県知事(5)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。

メガネ2本持ち・・・

今までは、 パソコン、スマホ、テレビ、新聞など 日常生活では裸眼。 自動車の運転はメガネ。 これが、だんだんと変化してきまして・・・ 本を読んだり、文字を書くときにも メガネが必要となりました。 しかも、 自動車の運転時とは違うモノ (老...