2014年8月20日水曜日

賃貸マンション停電後に確認しておくべきこと


停電後に水がでなくなった

電力会社の工事に伴う停電あり、この停電の影響により、思わぬ被害を受けてしまいました。受水槽などのポンプ式の水道設備がある賃貸マンションをお持ちの方は、覚えておくと便利です。

今回、賃貸マンションの住人より『水がでない・・・』と連絡があり、マンションへ駆けつけると、水道ポンプ室のブレーカーが落ちてました。
通常、停電工事によりブレーカーが落ちることは無いようですが、何らかの原因により、落ちた様子です。これでは、タンクに水が溜まりませんので、時間の経過と共に、水が出なくなってしまいます。


停電後はポンプ室の作動確認を!

停電工事がある場合は、工事業者に工事終了後にポンプ室の電源は異常ないか?
確認してもらう事をおすすめします。
じつは、ポンプ室の電力メーターを見るだけで作動しているかどうか分かります。
今回は水道でしたが、共用灯やテレビアンテナなどにも影響が出る時もあります。
停電工事の後は、共用部やポンプ室などのブレーカー確認をお忘れなく!

不動産に関するご相談は当社まで

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817











収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...