2014年1月11日土曜日

中古住宅ご売却前に行う検査と調査


今後は売却前の物件監査が主流になります

安心・安全な中古住宅の流通と提供の為に行う建物の現状調査。
静岡県不動産流通活性化協議会が推奨する「中古住宅あんしんパック」の利用が増えると思われます。


安心安全な取引のために・・・

国の方策として、不動産の売却前に土地や建物の調査を行い、保証が付いた優良な中古住宅の流通を目指しています。

建物と土地の検査現場を見学

実際の検査・調査の様子を見学しましたが、思ったよりも大がかりで丁寧に行われていました。検査の内容は・・・

  1. 土地の地盤、地中残存物、土壌汚染の調査
  2. 建物検査
  3. 白アリ検査
  4. 不動産鑑定士による価格報告書の作成

今回の現場では、以上の調査・検査が行われました。

他物件との差別化

住宅のご売却をご検討の方は是非この制度を利用して、ご自身の住宅に「安心と付加価値」をつけ、他の物件との差別化をお勧めします。また、今後の中古住宅市場には、このような調査報告書が必要不可欠になると思われます。

浜松市内の中古住宅の売却相談は当社にお任せください

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817



収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...