2019年12月5日木曜日

不動産取引に関連する民法改正

民法改正・・とよく聞きますが、
何が改正されるのでしょうか?

改正といっても
「民法の一部を改正する法律」
となっていて、債権法が改正されます。

では、「債権法」とは何か・・・

「契約などに関して定めた法」のことです。





改正理由としては

・分かりやすい条文にすること

・社会情勢の変化への対応

・国際的な取引ルールとの整合性

このようなことが挙げられています。


当然、不動産取引に関連することも多いですので
今一度確認が必要ですね。


浜松市内の不動産のご相談は
丸浜不動産へ

静岡県知事(5)第11221号
売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。

<Twitterでボソっとつぶやいてます>
@maruhama2103




収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...