2019年11月30日土曜日

持ち主不明の不動産の固定資産税

誰が持っている土地なのか?

誰に相続された建物なのか?

所有者が不明の土地建物に対する

固定資産税などの

課税方法の見直しが検討されています。




不動産を使っている人がいるのに

持ち主が特定できない場合、

使っている人から

固定資産税を徴収する・・・

といった方向のようです。




つまり

使用者がいるのに

所有者がわからない時は

使用者に課税・・・



地震や水害などで

所有者が分からない場合に

限定されていた今ある制度の

対象を拡大するようです。





以前から問題になっている

相続登記問題ですが、

いよいよ解決に向けて

議論が進んでいる・・

そんな感じがしますね。


浜松市内の不動産のご相談は
丸浜不動産へ

静岡県知事(5)第11221号
売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。

<Twitterでボソっとつぶやいてます>
@maruhama2103

デッドクロス⑤

  不動産投資で大切なこと デッドクロス(元金返済と減価償却の関係) 税金の計算上の所得、 損益計算書上は黒字でも、 キャッシュフロー計算では赤字になる現象。 デッドクロスについてみていきましょう。 5回目の今回は、デッドクロスと共にやってくるイベントです。 さらに追い打ちが!!...