2014年2月22日土曜日

借家に200ボルト用のエアコンを設置する際の注意点


家電業者が事前確認したのに作動しない

借家の入居者様より、「200V用のエアコンを購入したけど作動しない」との相談がありました。詳しく聞くと、購入前に電気屋さんに来てもらい、下見してもらってから、200V用のエアコンを購入、設置したとの事。

電柱から建物までの配線も確認が必要

エアコンを販売した業者さんは、200Vのエアコンを設置できると判断した様子ですが、当社側にて調査した結果は、電柱から建物までの電線(幹線)が200V対応では無いのが原因で、エアコンが作動しないと判明。さて・・・この場合この幹線の工事費用は誰が負担するのでしょうか?

費用負担の結末は・・・

今回のケースは、家主様が「どうこう言う前に、入居者の不便を解消するのが優先」とのお言葉で、家主様の負担で工事を発注となりました。
200V用のエアコン設置には要注意です!

浜松で賃貸物件の空室でお困りの家主さんは当社にご相談ください

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817





収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...