2020年11月9日月曜日

家賃の値下げ幅の決め方

 不動産投資で大切なこと

 

家賃値下げをして

募集を再開する場合のテクニックとして

有効な設定金額というものがあります。

 

今は、

インターネットでの

物件検索が主流になっています。

 

この、

物件検索のときに利用される

「家賃の価格帯」を

意識して値下げ金額を決めましょう。


検索の際の家賃には

一定の「幅」があります。


たいていの物件サイトでは

5千円刻みになっていることが多いようです。




例えば、

家賃98,000円の物件を

3,000円値下げして


家賃95,000円にしても


検索する際の同じ価格帯

9.5万円以上10万円未満)

に入ってしまっている為、


反響や問合せ増加の

効果が期待できません。



こういった場合は、

94,000円とか、

93,000円にすれば、


目新しい物件と認識され

閲覧者の増加が期待できます。

 

閲覧者や、

公開される場所が変われば


より多くの方へ

情報をお知らせすることができます。




※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。




得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry

 




 


水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...