2020年11月13日金曜日

収益物件の投資判断

 不動産投資で大切なこと


賃貸アパートを建築するときは、

銀行融資(ローン)を利用することが多いと思います。



統計的にみると

新築してから10年間は

入居が決まらないといった心配は少ないですが、



問題は10年以降で、


建物が古くなってきて、

入居が決まりにくくなってくるうえに、

修繕費用や改修費用がかかってきます


更に減価償却として計上できる経費が少なくなり、


賃貸経営が苦しくなってきます。


こういった事は、

新築する前から想定できることですので、

新築から10年以内の

入居が決まりやすい時期に、

しっかりと資金を貯めておきましょう。






それでは、

どうやって投資判断を行ったら良いのか?


正直言ってさまざまな考え方があり、


人それぞれで、

その人に合った方法がありますので、


これが正解!


といったものはありませんが、

ひとつの考え方としてお伝えします。






まずは、

市場調査と物件調査をおこなって、


どのくらいの収入を得ることができるのか?

をみていきます。


次に、

5年後とか10年後に売却することを想定して、


初期投資した費用、

所有期間中の収益、

売却損益がどうなるのか?をシミュレーションします。


その結果、

自分が希望する利益を得ることができるのか?


さらに、

自己資金の回収期間や利回りはどうなのか?をみます。


実際に売却しないとしても、

とりあえずその時点で、

投資がどんな結果になっているかを把握することが大切です。


それと、

建築業者のシミュレーションにあるような、

30年から35年ではなく、

予測が可能な期間で確かめたほうが現実的です。





※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。


 

得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry




 


水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...