2020年11月1日日曜日

空室を減らす為にできること①

 不動産投資で大切なこと


・物件は常に清潔に保っておく


・前倒しで必要な修繕を行い、トラブルを未然に防ぐ


・物件の価値の向上を意識する


このような事は

賃貸物件を運営(経営)するにあたって、基本的な事です。



そのうえで、

空室を減らす為にできる事を考えていきましょう。




その① 今の入居者に長く住んでもらう


当たり前の事ですが、

今の入居者が退去しなければ、

空室は発生しません。


住みやすい環境になっているか?


退去したいという

気持ちにならない為には何が必要か?



案外、

このような事を考えずに、

リフォーム等他の対策を先に行っているオーナー様が多いです。

 

 

音の問題や設備の問題は無いか?

使いやすいか?

ゴミが散らかってないか?


こういった問題が起こっている物件は、

退去したくなる物件と言えます。





例えば、

共用部の清掃ひとつとっても、

月1回は専門業者で実施。


それ以外は、

オーナー様自ら、


簡単な掃き掃除と

ゴミ拾いを実行するだけでも、

物件を常にキレイに維持することが可能になります。

 


共用部がキレイな物件って

気持ちが良いですよね。


清潔で快適な物件なら

長く住もうと思ってもらえます。



快適に暮らせて

居心地の良い物件を心掛けていれば、


入居者からも

「ウチの大家さんは、入居者のことをしっかりと考えて、より良い環境をつくってくれている理解のある人だ!」


と思われる事でしょう。


こういった小さな事が積み重なって、

長く居住する動機になっていきます。

 


※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。



 

得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry

 


 

水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...