2020年10月8日木曜日

賃貸物件オーナーは経営者

 不動産投資で大切なこと


アパート・マンションを建てて

所有するという事は、


商店や会社の経営者と同じで、

アパート・マンションの経営者になるという事です。



「空室という商品を、お金を払って借りてもらう」

といった感覚を持って、


現在の入居者に

長く住み続けてもらうにはどうしたら良いか、


退去後の部屋に

早く次の入居者に借りてもらうにはどうしたら良いか、


このような事を考えながら、

運営費用、修繕費用、

入居を続けてもらう為の費用、

次の入居者に選んでもらう為の費用などの支出と、


収入である

「家賃」のバランスをみていく事が大切です。







アパート・マンションを

所有して家賃収入を得ることを

「不労所得」として

取り上げられる場面が多いですが、


経営していくには

考える事は山ほどあって、

決して楽なものでありませんので、

誤解されないようご注意ください。


と・・・

脅かしている訳ではありませんが、


所有したら何もしなくても収入が入ってくる

と思われている方もいましたので、

書いておきました。


でも、

この「考える事」って、

とてもワクワクして楽しいですよ。


良いアイディアが浮かんだ時なんて、

すぐに実行したくなります。


アパート・マンションを所有されたら、

経営者として、

どうやったら市場に受け入れてもらえるか?

といった感覚が求められます。




得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry




 

アパート建築は相続対策か?①

  不動産投資で大切なこと アパートやマンションの新築は なぜ相続対策と言われているのでしょうか? 土地のオーナー様が相続対策の為に、 今まで駐車場だった土地に アパートを建てたという話をよく聞きます。 どうして、 相続対策にアパート建築が登場するのか? ここをしっかりと...