2020年10月4日日曜日

5年に1度と言いますが・・・

国勢調査はお済ですか? 

今年は末尾に「0」がつく年ですので、大規模調査になりますね。


賃貸管理業者あるあるネタですが、

この時期になりますと、ちょっと困った現象が起こります。




管理物件の空き部屋に調査用紙が投函されるケースです。

調査は5年に1度実施されますので、

その度、対応が必要になります。


調査員の方のお話によると、

最近の空き部屋は、

カーテンが設置されていたりして、

外から空き部屋と判断するのはなかなか難しいようです。



管理物件の空き部屋の場合、

定期巡回のタイミングで気付きます。



調査員の方が残したメモを頼りに、

電話連絡して、

空き部屋であることを告げます。


そして、

調査員の方は大抵物件の近くに

お住いの場合が多いので、

書類をお戻しに行ってこの業務は終了となります。


お戻しついでに

調査員の方とお話をするのですが、

苦労がこちらにも伝わってきます。


回答期限は。10月7日(水)まで

オンラインでも回答できますので、お早めに!!



得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry

アパート建築は相続対策か?①

  不動産投資で大切なこと アパートやマンションの新築は なぜ相続対策と言われているのでしょうか? 土地のオーナー様が相続対策の為に、 今まで駐車場だった土地に アパートを建てたという話をよく聞きます。 どうして、 相続対策にアパート建築が登場するのか? ここをしっかりと...