2020年9月14日月曜日

お金の時間的価値

 

突然ですが

     100万円もらう権利

     1年後に100万円もらう権利

 

あなたなら、どちらを選びますか?






ほとんどの人が、

①の「今すぐ」を選ぶと思います。

 

では、


     100万円もらう権利


     1年後に200万円もらう権利

 

この場合はどうでしょうか?

迷いますよね。

 

今なら確実にもらえるけど、

1年後は何が起きるかわからないですし・・・



こういった質問をすると

色々な理由を聞くことが出来ますが、

感覚で考えている人が多く、


はっきりと、

明確な理由を答えられる人は多くないと思います。


この問題、

「お金の時間的価値」という考え方を持って考えることも大切です。

 

先に言っておきますが、

この問題に正解はありません。


皆様それぞれ事情や立場が違うので、

絶対の正解はありません。




ポイントは、

1年後の100万円は、

今の100万円の価値ではない・・・

 

銀行に預ければ金利(利息)がつきますね。


今の金利水準では、

わずかになりますが、確実に増えます。



例えば、利回り2%だったとしたら、

1年後には102万円になっているという事です。

 

 

このような感覚で考えると、

今と将来、同じ額がもらえる状況なら

なるべく早くもらったほうがいい・

といった答えになります。

 

それに、

今なら確実にもらえますが、


もしかしたら、

1年後には事態が急変して、

「もらえない」といったリスクもあります。






今なら100万円、

1年後は110万円

この場合はどうでしょうか?


他の投資などで

10%以上の運用を出来る人なら

今もらうでしょうし、


10%以上の運用が出来ない人は、

リスクとリターンを考えたうえでの判断となりますね。





今度は、今に視点をおいてみます。


1年後の100万円は、今いくらになるでしょうか?

 


仮に、

利回りが2%だった場合、


100万円÷102%=約98万円

 

1年後の100万円は、

今の価値にすると98万円と同じ価値ということになります。

 


将来の収益予測を、

自分の期待する利回りで、

現在の価値に割り戻すと、

その投資がプラスなのかマイナスなのかが見えてきます。








分かっているようで、分かっていない。

この、「お金の時間的価値」の考え方をもって、

不動産投資の分析を行うことをお勧めします。


ここから発展して

経済成長率と資本成長率に差があるので、

不動産投資は良いんだ・・・

といった考えにつながっていきます。。。


【収益不動産で大切なこと】

収益不動産は出口を迎えて
ようやくその投資が良い投資だったのか
マイナスだったのかといった結果が出ます。

購入する際はもちろん、
運営中も出口を意識して計画していきましょう。


※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。


得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry







グレードアップ改修工事を行うかどうかの判断

  収益不動産と修繕を切り離すことは出来ません。 時間の経過と共に、 元の状態に戻す修繕が必要で、 これを怠ると賃料の下落を招きます。 そして、 定期的な大規模修繕も必要になってきます。 改修や修繕が必要となったその時点で 当たり前に求められている入居者ニーズ 性能に...