2020年8月12日水曜日

キャシュフローツリー⑤営業純利益(NOI)

収益物件の実力を数字で確認

賃貸不動産の「収支計算」の中で、

特に重要となってくるのが、今回お伝えする営業純利益。


「NOI」と呼ばれていて、

ここで物件の実力が分かります。


キャッシュフローツリーの中で、一番おさえておくべき項目です。




■物件の実力が分かる

営業純利益(NOI)は、

物件が満室だった場合の想定賃料から空室リスクや運営費を差し引いてもの。

 

収入から、リスクと経費を引いたら、実際にいくら残るか?

 

最初に入ってくるお金は「グロスの収入」

この、営業純利益(NOI)は、

「ネットの収入」と言われることもあります。

 

収益不動産の利回りを計算するときは、

営業純利益(NOI)を用いて計算したほうが、より現実に近づきます。



物件の規模・種類・構造・地域・立地条件など、

様々な要因が、営業純利益(NOI)に影響を与えます。

 

例えば、同じ家賃収入の建物でも、

人気の地域かどうか、

エレベーターの有無などによって、

営業純利益(NOI)が変わってきます。

 

まずは、

この営業純利益(NOI)を意識して収益物件の収支をみることを心掛けましょう。



■NOIを増やすには

では、どうやったら営業純利益(NOI)を増やす(改善)することが出来るか?


上の図を見ながら考えると理解しやすいと思います。


営業純利益(NOI)を改善するには、

  • 運営費を下げる
  • 空室損を減らす
  • 総潜在収入を増やす(家賃UP


このような対策を考えることが必要となります。




【今回のまとめ】

建物の実力は営業純利益(NOI)に現れる。

  

次回は、「借入返済(ADS)」と「税引き前キャッシュフロー(BTCF)」をお伝えします。



【収益不動産で大切なコト】
収益不動産は、出口を迎えてようやくその投資が良い投資だったのか、マイナスだったのかといった結果が出ます。購入する際はもちろん、運営中も出口を意識して計画していきましょう。


※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。




得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry



グレードアップ改修工事を行うかどうかの判断

  収益不動産と修繕を切り離すことは出来ません。 時間の経過と共に、 元の状態に戻す修繕が必要で、 これを怠ると賃料の下落を招きます。 そして、 定期的な大規模修繕も必要になってきます。 改修や修繕が必要となったその時点で 当たり前に求められている入居者ニーズ 性能に...