スキップしてメイン コンテンツに移動

収益不動産の初期投資分析-K%(ローン定数)編

 収益物件の実力を数字で確認

K%(ローン定数)とは

「銀行からの借入に対する返済額の割合」のことで、

いろんな条件のローンを比較する時や、

投資のレバレッジ判断に役立ちます。


「資金調達コスト」とか、

「銀行の利回り」などと呼ばれる時もあります。



私たちが不動産の投物件を購入するとき、

大体は銀行から借入を行って

資金を用意しますよね。


その不動産から、

どの位のリターンがあるか?

などの利回りを検討しています。


この投資分析を、銀行側から見ると、


銀行は、

私たちにお金を貸すことによって、

どの位のリターンがあるか?


などの利回りを検討します。



私たちが不動産に対して

投資を行っているのと同じように、


銀行も私たちに対して

投資を行っているという事になります。


この時の、銀行の利回りが「K%」になります。


ちなみに、

K%は元本と利息を含んでいます。


借入金の元本と金利の返済に、

毎年借入額の何%が必要か?


という指標です。




 【K%の計算式】

K%=年間負債支出(ADS)÷借入金額(残高)×100


例えば、

銀行から1,000万円借入して、

年間100万円の返済をしていた場合


100万円÷1,000万円×10010

K%=10% となります



もう少し詳しく説明しますと・・・

 

まずは、前提条件。

価格:1,000万円

表面利回り:10

借入金額:900万円

自己資金:100万円

銀行への年間返済額:80万円(年間負債額ADS



このような、

年間100万円の収入があって、

銀行へは80万円支払う物件があったとします。

 

この投資は、

1年間で100万円の収入がありますので、

図で表すと次のようになります。




この収入のうち、出資した金額に対する

本来の取り分はこうなります。





出資した割合に応じて、収入を分ける

当然ですね・・・


でも、

今回の銀行からの借入条件ですと

銀行への支払いは

年額80万円で良いことになっています。

各自の取り分は、次の図のようになります。



100万円の収入の内、

銀行への返済分(ADS)は80万円。

残りの20万円は、自分の取り分となります。

 

この、

銀行への返済分(ADS)がK%になります。


「銀行からの借入に対する返済額の割合」です。

 

借入金に対するレバレッジ(CCR)をみるときも

このような考えに基づいています。

 




 K%の計算方法が分かったところで、

いろんな条件の借入をK%で比較検討してみましょう。

 

K%(ローン定数)とあるように、

金利と返済期間が同じ場合、

借入額が変わってもK%は同じ(定数)です。


従って、

K%は金利と期間で決まります。

 


この事実を知った時、

私は何度も計算を繰り返してしまいました・・・


そうだったんだ・・・って感じです。


さて、それでは確認していきましょう。



■金利が同じで、期間が違う場合




■期間が同じで、金利が違う場合



これらの表を見ていると

期間が長いほうが良い感じがしますね



■条件がバラバラの場合




K%を計算することによって、

いろんな借入条件を数字で比較検討することができるようになります。



この、「数字で比較検討」がポイントです。


なんとなく、

この条件がいいかな?


ではなく、


数字ではっきりと

結果が出ますので、比較検討に便利です。

 

そして、

このK%が分ってくると、


金利を下げる話をした方がいいのか?


返済期間の延長をお願いしたほうが良いのか?


銀行との借入交渉に大変役立ちます。



 

キャシュフローを多く得たい場合は、

年間支払額の少ないローンを選択。


純資産を増やしたい

(バランスシートを改善したい)場合は、

元本返済が多くなる期間が短いローンを選択。


こんな事を検討することもできます。

 

最後に・・・

借入条件によっては、

事務手数料が融資額の1%とか、

一括返済をする際の

違約金がローン残債の1%などの

諸条件がありますので、

「実質金利」を確認しながら計算してください。



【収益不動産で大切なこと】

収益不動産は出口を迎えて
ようやくその投資が良い投資だったのか
マイナスだったのかといった結果が出ます。

購入する際はもちろん、
運営中も出口を意識して計画していきましょう。


※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。





得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry



このブログの人気の投稿

賃貸物件のお風呂のフタ事情

お風呂のフタは家主負担?入居者負担? 賃貸物件のお風呂のフタ。家主と借主(入居者)どちらの費用負担となってますか? 当社では、消耗品と考え、基本的に借主(入居者)負担とさせて頂いております。 しかし、特殊な形状のバスタブとか、ホームセンター等で売っている一般的なフタが利用できない場合がありますよね。 そのような場合、借主さんが困ってしまいます。入居していきなり特注サイズの風呂のフタを用意するのは難しいです。入居された時点で家主よりのプレゼントとして、お風呂のフタを家主負担(最初のみ)で置いておき、入居後に交換が必要となった場合は、借主にて購入してもらうような方法を提案しています。 どこが特殊形状かというと・・・ 上の写真のお風呂。どこが原因で通常のフタが使えないかと言うと、浴槽に蛇口がついているので、フタの隅を切り取らないとフタが閉まりません。 お風呂のフタを利用するのを考慮して作っていないの?って業者へ問合せましたが、全員がフタを利用する訳ではなく、追い焚き機能があるので、不要って人もいるとの事。お湯にの上にシート浮かべているケースもあるそうです。結局、フタが必要な場合はオーダーメイド注文になるって回答でした。 だったら、これにあったた風呂のフタも作って販売すればいいのに・・・って思ってしまいます・・・・でも、無いものは仕方ないですね。 フタのカットができるか?ホームセンターに聞いてみた 「オーダーメイド、風呂ふた」ってインターネット検索すると、カットを行っているお店が結構あるようです。ネット注文が苦手って方もいると思いますので、近くのホームセンターへ聞いてみました。 ニトリ浜松入野店 「対応不可」 カインズ浜松南店 「対応不可」 ケーヨーデイツー大人見店 「対応不可」  どこも対応してもらえないなんて・・・と思っていましたが、 対応してもらえるお店がありました。 「ジャンボエンチョー浜松南店」 お店で購入した、お風呂のフタのカット等は行っていないが、オーダー注文の受付は行っているようです。 とりあえずは、対応してもらえるお店があってひと安心です。 今後、賃貸住宅を新築したり、リフォームやリノベーションするときは、なるべく浴槽に蛇口がついていないお風呂を選びましょう!っていう教訓でした

買い物便利な立地の賃貸アパート

みなさん、こんにちは。 丸浜不動産の高山です。 本日ご紹介する物件は・・・ 杏林堂ドラッグストア西伊場店まで、徒歩2分。 セブンイレブンや浜松西郵便局、西図書館にも歩いて行け、 アパート周辺には、飲食店も充実の 西伊場町の「リバティ・マサル」 そう、家主さんが「マサルさん」。(アパート名前あるある) 現在、1LDKのお部屋と、2DKのお部屋をご案内できます。 洋間と台所をつなげた1LDKタイプ 和室を洋間に変更してあります。 ダイニングキッチンと洋間をつなげ、LDK12帖に・・・ カップルから小さいお子様のいるご家庭までご利用可能な間取り。 所在:浜松市中区西伊場町50-27 物件名:リバティ・マサル 間取:1LDK(42平米) 家賃:45,000円 敷金:2ヶ月 駐車場:1台分付き 2台め駐車場:3,000円 備考:賃貸保証加入必須 取引態様:仲介 物件詳細は、当社ホームページにてご紹介中。 是非ご確認ください。 西伊場町リバティ・マサル1LDKの詳細を確認する ファミリーでも利用できる2DKタイプ 6帖の和室が2部屋の2DKもご紹介できます。 リバティマサル2DKの詳細を確認する 浜松市内の不動産のご相談は当社へ 静岡県知事(5)第11221号 有限会社 丸浜不動産 浜松市中区佐鳴台3-35-7 TEL:053-447-8817 e-mail:  info@maruhama.biz HP:  https://www.maruhama.biz/ 担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ) 当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。

垂れ下がっている電話線を発見したら・・・

みなさん、こんにちは。 丸浜不動産の高山です。 インフルエンザが流行してますね。 ご近所の内科には駐車場待ちの列ができてました。 日頃から、うがい手洗い、マスクを心掛けましょう。 先日、「電線が垂れ下がっている」という ご相談を受けました。 これって、どこに連絡したら良いか? よくわからないですよね。 わからない時は、まず現地。 早速、現地へ行ってみて、 垂れ下がっている電線を辿ってみると・・・ 電線ではなく、電話線の様子。 こんな時は、 局番なしの「113」へ電話すると対応してくれます。 ひかり電話、携帯電話、PHSの場合は 0120-444113 NTTのホームページに詳しく載ってますので、 垂れ下がった電話線みつけたら、 連絡先が「ネットに載ってるな」って覚えておくと便利ですね。 また、 電柱番号とか、住所を分かるようにしてから連絡すると スムーズに受付けしてもらえます。 電柱番号って・・何・・・? どこに書いてあるの? という方もいらっしゃると思いますので、 画像載せておきます。 電柱を見上げると、こんなプレートがありますので これをメモしておきましょう。 上がNTT、下が中部電力の番号です。 ちなみに、下側にプレートがある会社が この電柱の持ち主となりますので、 この電柱は中部電力の物となります。 注意:今回の電話線垂れ下がりと、この画像は関係ないです。 今回は、現地へ行って「NTTの線」と分かりましたが、 電力会社の電線、NTT、インターネット各社、ケーブルテレビなど・・・ 電線と言っても沢山の種類があります。 何の線だか良くわからないケースもありますので、 やはり、電柱番号を控えておく事は大事。 〇〇の電柱からの線が垂れてる・・・ とか、 〇〇と〇〇の間の線が垂れてる・・・ といった具合に説明できますしね。 こんな事は、無いことが一番ですが、 万一発見した時は思い出してください。 浜松市内の不動産のご相談は当社へ 賃貸のお悩みやトラブル相談も受付中 静岡県知事(5)第11221号 売買・賃貸・管理・仲介・コン