2020年8月14日金曜日

キャシュフローツリー⑥年間負債支出(ADS)

収益物件の実力を数字で確認

収益不動産は銀行借り入れを利用する方が多いです。

また、銀行融資が利用できることも、不動産投資の魅力です。


物件の担保評価が融資条件に関係しますが、

それと同じくらい借りる人の「属性」も影響します。



初めて投資する人か、

既に何棟も運営している人なのか、そんな事も融資条件に加味されます。



今回は、そんな銀行借入れによる返済額、年間負債支出(ADS)についてお伝えします。






■金融機関と交渉

キャシュフローツリーの計算で、

営業純利益(NOI)までは、物件自体で数字が決まります。


基本的に誰が所有しても変わらない数字、「物件の実力」と言われています。

 

それに対して、借入金の返済額は、金利・期間・融資金額で変わります。


いわゆる、「借入条件」によって違ってきます。


金利や期間など個別に変わります。

金融機関との交渉が重要となり、

現在返済中の方でも、見直すことによってキャッシュフローが良くなることもあります。


ご自身の借入条件(金利など)は常に意識しておきましょう。

 

ちなみに、この年間負債支払(ADS)には、元本と利息の合計額となっていますので、損益計算とは違ってきます。






■BTCFを知る

営業純利益(NOI)から年間負債支出(ADS)を差し引いたものが、所得税支払い前の手取り金額(BTCF)。


ここから、所得税などを差し引いて残ったお金が、実際の手取り金額(ATCF)となる訳ですが、税金の計算や、減価償却の計算などが必要になります。


まずは、税引き前キャッシュフロー(BTCF)まで計算できるようにしておいて、投資の安全性や効率性を検討できるようになりましょう。

 


【今回のまとめ】

借入は、収益不動産の経営に大きく関係してきますので、金融機関の動向をチェックすること。それと同時に、ご自身の融資条件を把握しておくことはとても大切です。

 



今回で、「キャシュフローツリー」の説明は終了となります。


次回は、「番外編」として、

税引き後のキャッシュフローと減価償却の考え方をお伝えします。




【収益不動産で大切なコト】
収益不動産は、出口を迎えてようやくその投資が良い投資だったのか、マイナスだったのかといった結果が出ます。購入する際はもちろん、運営中も出口を意識して計画していきましょう。


※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。




得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry



グレードアップ改修工事を行うかどうかの判断

  収益不動産と修繕を切り離すことは出来ません。 時間の経過と共に、 元の状態に戻す修繕が必要で、 これを怠ると賃料の下落を招きます。 そして、 定期的な大規模修繕も必要になってきます。 改修や修繕が必要となったその時点で 当たり前に求められている入居者ニーズ 性能に...