2018年12月11日火曜日

水道管の凍結に注意

みなさん、こんにちは。
丸浜不動産の高山です。

夏の暑いとき、
「早く冬にならないかな~
自分は、夏より冬が好きだな~」
なんて言ってませんでした?

寒くなると、忘れてしまうものです。

だんだんと寒くなってきましたので、
水道管の凍結予防と対処についての確認です。



<凍結しやすい場所>
特に、北側に設置されている
給湯器の配管や、屋外水道管などは、
過去にも水道管凍結が原因で、
噴水状態になったお宅もありますので、
に気をつけてください。


<凍結の予防>
水道管の露出部分に、保温材などを巻いておく。
少量の水を蛇口から出しておくのも効果的のようです。

<凍結した場合>
凍結すると、水が出ません。
蛇口がまわらない場合もあります。
無理に水を出そうとせず、
太陽がでて、解けるまで待つか、
ぬるま湯をかけてみてください。



<破裂した場合>
水道管が破裂して、噴水状態になる場合もあります。
こんな時は、焦らず、水道管の止水栓(元栓)を閉めてください。
その後に、業者へ修理依頼の連絡をしましょう。




浜松市内の不動産のご相談は当社へ


静岡県知事(5)第11221号
売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。




収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...