2018年7月21日土曜日

太陽光発電を搭載した賃貸住宅

みなさん、こんにちは。

暑い日が続きますね・・・

暑すぎて、ユニクロのドライEX Tシャツで出勤している

丸浜不動産の高山です。

汗をかいても、すぐに乾いてサラサラになるので、これで仕事したい位です。

こんな暑い日ですが、太陽光の話です・・・




入居者が電気を売れる賃貸住宅


屋根に太陽光発電を搭載し、

入居者に還元するといったシステムで賃貸している、

一戸建て賃貸住宅を見学してきました。


多くの賃貸住宅の場合、屋根に載せた太陽光発電は、

電力会社へ売電するが最大の目的。

なかには、共用部の電気に利用している場合もあります。



今回見学してきたのは賃貸住宅は、

入居者の電気料金が安くなる住宅。

目標は、光熱費ゼロ。




建物の屋根に載せた太陽光発電は、入居者が自分の住宅の電気として利用。

余った電力は、入居者が電力会社へ売電するシステムとなってます。



この住宅に住むと、電気のことが気になり、

エコな生活が楽しみになるそうです。

節約した分、お得になるので入居者にとっては嬉しいですよね。




長期の安定した賃貸住宅をめざして


賃貸住宅オーナー様の多くは、入居者が長期的に入居してくれる

安定した賃貸住宅経営を望んでおられます。

これは、相続税対策が中心になっている事も関係していると思います。



そして、この住宅は、

電力会社が買取を終了する、10年後の対策も考えてあります。

そうしないと、長く入居者に選ばれる住宅にならないですからね・・・



実際の建物を見ながら話が聞けます


屋根で発電した電気を、「入居者が使えるしくみ」にした賃貸住宅。

検討すると、いろいろな質問や疑問がでてくると思います。



どのような入居者層に喜ばれる間取りにしたら良いか?

一世帯あたり、どのくらいの太陽光パネルが必要か?

通常家賃とは別に太陽光発電利用料の設定は?

太陽光発電装置の初期費用は何年で回収できる?

太陽光発電住宅に有利な建物は?

国の補助金制度は使えるの?

10年後、電力買取が終わった後の対策は?



そんな疑問をお持ちの方を対象にした

説明会の予定もあります。





日照時間が全国トップの実績のある、浜松。

日照に恵まれた地域ならではの、賃貸住宅経営。

ご興味ある方は、この機会にご相談ください。

今の目標は「光熱費ゼロ賃貸住宅」

将来は「エネルギー自給自足賃貸住宅」を目指しています。




浜松市内の不動産のご相談は当社へ

売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
静岡県知事(5)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。


地盤の強さを確認する

みなさん、こんにちは。 丸浜不動産の高山です。 今回は、土地の地盤の調べ方です。 地盤の情報や、地図が見れるホームページは多くありますが、 地図拡大して詳細まで見れるものって、実は少ないと思います。 自分がよく利用しているのは、 「国土地理院」の地図・・・ ...