2017年11月20日月曜日

床暖房の住宅を体感

知人に誘われ、床暖房を取り入れた住宅を見学してきました。
温水を床下に流して暖めるタイプで、全室に床暖房があるとのこと。
やはり足元から暖かいのは良いですね。自分は、エアコン暖房が苦手なので興味津々です。



床暖房だけでは効果が少ない?

床暖房の効果を高めるには、気密性や断熱性が優れた住宅であることや、窓ガラスやサッシも重要だと教わりました。
ペアガラスや樹脂サッシが良いらしいです。確かに、隙間の多い住宅では効果を発揮しないですよね。

そして、以前から漠然と疑問に思っていた点を質問。
高気密高断熱と24時間換気の関係・・・
これは、熱交換を行う換気システムで解決との事。なかなか大きな装置で、熱交換の他に湿度の交換やフィルターで花粉などもシャットアウトしてるそうです。すごい・・

床暖房・高性能サッシ・熱交換換気システムなど見ると欲しくなってしまいますね。
色んな住宅会社が、様々な住宅を販売しているので、少しずつ見ていく事にします。



収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...