2015年4月15日水曜日

内見した際のインパクトも大事?


学生さん向けのアパートで、時期がちょうど良かったというのもありますが、

前の入居者様が退去されてから、12日後に、新しい入居の申込みがありました。

当然、退去後の室内清掃を行う前に内見となりましたが、

前入居者様が大変きれいに利用されていたので感謝しています。



物件自体、学生さん向けに適していますので、先に述べたとおり、時期さえ合えば・・・と

考えがちですが、周辺ではこの物件より新しい物件で、未だに空室があったりしますので

今回決まった要因を、今後の参考として振り返っておきたいと思います。



まずは、退去予告(退去の1ヶ月前)があってからすぐに、自社ホームページへの掲載、

ブログでの告知など、物件のアピールを行いました。


この時点では、入居中ですので室内の写真がとれません。

『実際の室内の画像では無い』旨の注意文を添えて、室内イメージとして、

以前撮影しておいた部屋の画像や、他の部屋の画像を利用すると共に

物件外観を色々な角度から撮影したり、駐輪場や階段廊下など

通常よりも、共用部の画像を多くして掲載しました。









特に、この部屋で目を引くのは、『赤いキッチン』と『丸い窓』

これだけで、かなりインパクトがあります。


インターネットで物件情報が並んだ際に、選んでいただける要因のひとつと思われます。

物件に何か他とは違った特徴があるのはとても重要だと感じました。






収益物件は立地が重要

  不動産投資で大切なこと   アパートやマンションを 計画する際に いちばん重要なことは何でしょうか? その物件に対する 入居者層のニーズ、 間取り、家賃、人気の設備 などがありますが、 やはり、 いちばん大切なのは「立地」だと思います。 交通の便の悪いとこ...