2015年2月11日水曜日

賃貸部屋の第一印象を良くする



貸し部屋をショールームに

浜松市中区の賃貸アパート家主様より入居募集依頼のお話しをいただき、さっそく室内を見に行きました。管理の行き届いた建物で、壁クロスの一部の色を変えてアクセントの印象的な室内です。

何よりも良かったのは、カーテン。空室にカーテンを付ける事はありますが、大抵無地など無難な物が多いですが、柄物のカーテンだと室内が華やかになり、とても印象の良い物件となります。

「室内をショールームのようにしましょう!」と、空室対策などの講演で先生方が呼びかけを行っているのを良く聞きますが、家具や照明などを揃えるのなかなか手間がかかるし
予算的にも厳しいのが現実です。

すべて揃えるのは難しいですが、どこか一点でも目を引くような物(ディスプレイ)があると良いですね。

賃貸物件の成約に、第一印象はとても大切です。

浜松市内での不動産のご相談は当社まで

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817



メガネ2本持ち・・・

今までは、 パソコン、スマホ、テレビ、新聞など 日常生活では裸眼。 自動車の運転はメガネ。 これが、だんだんと変化してきまして・・・ 本を読んだり、文字を書くときにも メガネが必要となりました。 しかも、 自動車の運転時とは違うモノ (老...