2014年11月26日水曜日

家賃滞納が発生した場合に家主が行うこと



滞納家賃を催促する時の注意点

浜松市中区山手町に借家をお持ちの家主様からの相談事例。
家主さんにとって、マンション賃貸経営での心配事である「家賃滞納」。家賃滞納があった場合、どのような対応をされていますか?滞納者に対して、支払の督促をしますよね。
そのときに注意が必要なのは「自力救済禁止の法理」に注意することです。

例えば、「滞納家賃を支払うまで、玄関ドアの鍵を交換して室内に入れないようにする」
このような行為は不法行為となり、逆に損害賠償請求を負う事もあります。自らの力で権利の救済を図ることは禁止されていますので、ご注意ください。

連帯保証人も交えて話す

では、どうしたら良いか?催促をして支払ってもらうのが一番ですが、それが出来ない場合は、連帯保証人も含め話し合いなどにより、分割払いなどの約束をとりつける。

改善されない場合は支払督促・強制執行

それでもダメな場合は、裁判所に出向き、支払督促にて債務名義の取得、強制執行となります。裁判所より通知が届くようになりますので、一定の効力を期待できます。(訴訟提起の費用負担や時間がかかりますのでご注意をください)

家賃滞納の回避対策

家賃滞納にならないように、次のような対策をとっている家主さんも多いです。

  • 連帯保証人の条件を厳しくする
  • 家賃債務保証会社の利用
  • 入金チェックは毎月行う

浜松市内での不動産のご相談は当社まで

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817




アクセントクロスのある部屋

みなさん、こんにちは。 丸浜不動産の高山です。 花粉・・・苦しんでます・・・ 薬を飲んで対処していますが、 何か良い方法が無いか? 病院の先生に聞いたところ 「とくかく花粉から逃げることだよ」とのこと。 逃げれないですよね・・・ おとなしく季節が過ぎるのを待...