2014年3月29日土曜日

築年数の古い賃貸物件の空室対策


入居が決まらない原因は?

築年数が古い物件をお持ちのオーナー様は、入居者がなかなか決まらずお困りの事と思います。最近の賃貸物件探しはインターネットが主流。古い物件は、築年数のチェック欄で弾かれてしまいます。つまり、物件を探している人の目に届く環境にありません。


口コミでも物件情報はひろがる

そこで、周辺に人通りが多い物なら、上の画像のように1階を改装してカフェや雑貨店などの業種に貸すことも空室の改善対策になります。
店舗がテナントとして入ることにより、建物全体の雰囲気も良くなります。人気店になれば、人が集まり口コミで物件の情報が広がり入居につながる可能性があります。

不動産に関するご相談は当社まで

静岡県知事(4)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817

収益物件の全体投資分析-内部収益率(IRR編)③

  収益物件の実力を数字で確認 不動産の投資分析をするときに とても重要な指標である、内部収益率( IRR ) 不動産投資の最初にいくら使って、 持っている間にどの位の収益があって、 それを売却した時の価格はいくらか。 投資の最初から最後までを考慮した利回り(収益を率で表した...