2020年11月15日日曜日

遺言の必要性

 

相続対策というと、

いろいろとイメージされると思います。


代表的なものとして、

「分割」「納税」「節税」の3つが

あげられることが多いですね。


それぞれ、

さまざまな方法があり、

対策をおこなう人によって、

とるべき手段は違います。


今回は、

その中でも基本中の基本である、

相続を「争続」にしない為に

行っておくべきことをお伝えします。





それは、「遺言」を作っておくこと。


ご自身の意志によって、

どの財産を誰に渡すのかを明確にしておくことです。


遺言がある場合と、

ない場合では、

のこされた家族(相続人)にかかってくる負担が大きく変わります。


ご自身が亡くなられたあとに、

家族が揉めて、疎遠になることを望んでいる方はいないと思います。


後々の家族のトラブルを回避する為にも、

事前に準備しておくことが大事です。



これは、

相続税のかかる人だけが必要な訳ではありません。


ウチは相続税がかからないから、

相続対策なんて関係ない!!

と言われる方がいますが、


違います。


たとえ、

100万円の財産であっても相続争いに発展します。




 

相続が「争続」となって、

家族間での争いが続く事態にならないために

とれる手段のひとつが「遺言」です。

最近では、

法務局による「自筆遺言の保管制度」も始まり、

徐々に作成しやすい環境になってきていますので、

事前に準備しておきましょう。


 





そして、ここからが重要。

 

遺言はいつ書くか?


テレビ、本、雑誌、セミナーなどで

遺言の必要性は

何度も聞いている方が多いと思います。



そして、

思い立ったらすぐに作成する

といったケースをよく見かけます。


が、、、、、違います。


順番が違うんです。


まずは、

財産の現状を把握して

誰に何をどの位渡すのかなどを決めて、


それに沿った対策を考えて・・・

その後に遺言を書くようにしましょう。



※本Blogに掲載した内容は、当社ウェブサイト内

「賃貸不動産経営コラム」に一覧表として掲載しています。

よろしければ、そちらもご覧ください。





得意エリアは佐鳴台2km圏内

CPM®の視点で不動産コンサルティング



静岡県知事(5)第11221号
不動産コンサルティング・管理・仲介
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
CPM®(米国公認不動産経営管理士)
高山幸也(タカヤマ ユキヤ)

Twitter @maruhama2103
LINE ID @938shkry




 




 

水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...