2019年12月4日水曜日

土地の相続登記が義務化の方向に

価格が低い土地、
利用価値のない土地

このような土地の
相続を避ける人が多く

持ち主が分からない土地が
増えているのが問題となっています

「持ち主不明の土地問題」
として取り上げられていますね

この対策となる中間試案が報道され、
以下のような内容が検討されています

・土地の相続登記の義務化
・登記しない場合の罰則
・死亡した人の情報取得方法
・所有権放棄の制度



先日、遠方にお住いの方より
市街化調整区域の農地を相続したけど、

農地の為、手放したくても売却できず
草刈り費用、固定資産税など
維持管理に費用がかかり困っている

といったご相談がありました。

同じような理由で
管理が放棄され「荒地」となっている
土地もあります。

このような案件は、
農地以外の利用に関する規制緩和や
「所有権放棄の制度」によって解決できそうです。



浜松市内の不動産のご相談は
丸浜不動産へ

静岡県知事(5)第11221号
売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。

<Twitterでボソっとつぶやいてます>
@maruhama2103



水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...