2018年7月30日月曜日

台風の後は、屋根確認が必要

みなさん、こんにちは。

丸浜不動産の高山です。


本日は、昨日の台風による被害報告の電話が多い一日でした。

特に多かったのが、屋根。

しかも、棟と呼ばれる部分(金物)が、

風であおられて飛んでいってしまったケースです。


台風による被害があった場合、

現場確認、業者手配、保険会社へ事故報告といった感じの流れになります。



今回は、現物が落ちでいたので発見できましたが、

下から、屋根を見上げただけでは、良くわかりません。

台風の後は屋根を注意深く見て確認することが大切です。



浜松市内の不動産のご相談は当社へ

売買・賃貸・管理・仲介・コンサルティング
静岡県知事(5)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。



水害リスクとは

  以前 「水害リスクを調べる」 といったコラムを書きましたが、 情報が多く、わかりにくい部分がありましたので、 簡潔版として書きます。 2020 年 8 月 28 日より 不動産取引に際しての 「重要事項説明」として、 水害リスクの説明が義務付けられました。 不動産を買...