2018年6月21日木曜日

ホームステージング

「見せる販売」として最近注目されている、ホームステージングのことが新聞記事になっていました。

空き部屋に家具など生活用品を配置しておくことにより、お客様が実際の生活をイメージしやすくなりますので、とても良い方法だと思います。



分譲マンションのモデルルームみたいな感じで、
センスよく家具や雑貨、照明、グリーン(植物)を配置することがポイントのようです。

最近では、売買物件だけでなく、賃貸住宅の空き部屋にもソファーなどが配置されてる物件も多くなってます。

先日、ご案内した際にお客様より「この家具や雑貨類もついているのですか?」と質問された場面がありました。

ご案内の際は、実際にお貸しする際は、家具や雑貨はついていない旨をしっかりとお伝えする必要がありますね。

(2018年6月20日 静岡新聞夕刊)


そういえば・・・
以前、家具類を揃えるのに費用がかかるということで、賃貸物件の空き部屋用に、ダンボール製のソファーやテレビ等が売られていたのを思い出しました・・・

室内の空間等が確認できるので、無いよりは良いですが、
ホームステージングが広まってくると、見せるセンスも必要になってきますね。

この、ホームステージングには、ホームステージャーって資格があるようですので、調べてみようと思います。

浜松市内の不動産のご相談は当社まで

売買・賃貸・管理・コンサルティング
静岡県知事(5)第11221号
有限会社 丸浜不動産
浜松市中区佐鳴台3-35-7
TEL:053-447-8817
担当:高山幸也(タカヤマ ユキヤ)
当社への連絡は、お電話又はメールにてお願いします。



メガネ2本持ち・・・

今までは、 パソコン、スマホ、テレビ、新聞など 日常生活では裸眼。 自動車の運転はメガネ。 これが、だんだんと変化してきまして・・・ 本を読んだり、文字を書くときにも メガネが必要となりました。 しかも、 自動車の運転時とは違うモノ (老...