2015年5月21日木曜日

戸建て賃貸住宅のご案内

 賃貸住宅の経営相談を承った際、今後新築をお考えでしたら、賃貸マンションやアパートなど大規模な建物では無く、小規模な戸建て借家のほうが良いですとお伝えしておりました。

建築士、工務店などど打合せを重ね、戸建て賃貸住宅の間取りや仕様が決まり、皆様にお伝えできる建物プランのパンフレットが出来ました。

 





 住宅の供給過多が現実となっており、今後人口が減少することも分かっている時代ですので、
少しでもゆとりを感じられるような戸建ての賃貸住宅をおすすめします。また、戸建て住宅に併せて、駐車場や専用庭なども重要となると思います。


 先日(2015年5月11日)に、NHKで放送された「クローズアップ現代」は、大変興味深い内容でした。

 「アパート建築が止まらない」という題名で、賃貸住宅の長期一括借り上げ、いわゆるサブリースに関する事がメインでしたが、自分が興味を持ったのは、人口減少の中でアパート建築が進む現状では空き部屋率が40%を超える時代が来るので、これを解消するには建物の着工率を今の3分の1に減らさなければいけない・・・といった意見です。

 ここで提言があったように、もしかしたら将来、建物の着工数を国が管理する時が来るかもしれません。
空き家問題が重視される中、「住宅の量の管理」も議論の対象になってくると事と思います。

 ここでのキーワードの一つに「コンパクトシティー」という政策が挙げられていましたが、現在私共がご提案している「戸建て借家」も、一棟だけで無く、2棟、3棟といった具合に小規模でまとめて建築し、駐車場、玄関までのアプローチ、庭などに統一感を持たせ、小さなコミュニティー作りを意識しております。


 そして・・・この番組で感じた事をもう一つ
サブリース問題が起きるのは、法が整っていないこと。どうやら法律のエアポケットにはまっているような状況のようです。さらに、アパートを経営している大家さんは「消費者」ではなく「事業者」という扱いになる為、消費者省も動きようがないようです。

 番組の内容は、NHKホームページのクローズアップ現代内「これまでの放送」より見ることが出来ます。
2015年5月11日放送分「アパート建築が止まらない」





キャッシュフローツリー①全体の流れ

収益不動産の実力を数字で確認 アパート、マンションなどの収益不動産 購入や売却を検討するときに非常に大切な「収支計算」の考え方をお伝えします。 この「収支計算」は 収益不動産など投資物件を検討するときの基礎中の基礎! まずは、全体の流れを図で見ていきましょう。 ■キャッシュフロー...